解決!蜂の巣駆除でお困りなら福岡タウンサービス 8000円~/24時間対応中


地域最安値 無料出張、お見積もり無料、シーズン保障、再発防止の為、今後巣を作りにくい環境をご提案します。

Org

ホーム ≫ 作り始めの蜂の巣に対してとるべき行動 ≫

記事一覧タイトル

蜂の巣は、作り始めのまだ小さい時期に対処しましょう。これがもっとも効果的な駆除方法です。この記事では、作り始め、作りかけの蜂の巣がどんな状態なのか、どうして作り始めの時期に駆除すると効果的なのか、についてご説明します。
 

作り始めの蜂の巣

蜂は通常、春の4~5月頃に巣作りを開始します。たとえばこの時期に自宅で蜂の巣を見つけた場合は、作り始めの巣だといえるでしょう。蜂は、この作り始めの巣であれば容易に駆除できます。その後、巣が大きくなるにつれ、駆除の難易度が上がっていきます。
最初は女王蜂しかいない
作り始めの巣はまだ小さく、せいぜい5~6cmほどの大きさしかありません。スズメバチやアシナガバチの場合は、ここには女王蜂しか存在せず、女王蜂が1匹だけで巣作りをします。この大きさの巣が、秋には巨大なものに成長するのです。ちなみに女王蜂は攻撃的ではありません。作り始めの巣はとてももろいことも特徴です。
作りかけの巣
作りかけの巣は、女王蜂ではなく、新しく羽化した働き蜂が作っている巣のことです。6月頃になると、このような作りかけの巣が目立ちだします。巣の大きさは15cm程度なので、まだ除去しやすい大きさといえますが、場所などの条件によっては、一般の方だと駆除が難しい場合も増えてきます。
働き蜂が巣を作り始めると、巣はどんどん大きくなり、気づいたときには駆除が難しい大きさになっていた…なんていうこともあるので注意が必要です。だんだん蜂の攻撃性も増していくので、蜂の巣には、とにかく、働き蜂が生まれる前の作り始めのうちに対処することが求められます。

蜂の巣の駆除方法

蜂の巣の駆除は、できるだけ小さいうちに行うのが効果的です。小さな蜂の巣を見つけたら、駆除するかどうか悩むのではなく、すぐに行動を起こしましょう。作り始めの時期に巣を見つけられたことは、幸運ともいえます。
先にご紹介したとおり、働き蜂が巣作りに参加し始めると、巣はどんどん巨大化していきます。こうなると、蜂たちも攻撃的になるため、自力での駆除は困難です。まだ小さかった春になんとかしておけば…と後悔するよりは、行動することが大切です。ここからは、蜂の巣の駆除方法について解説していきます。
作り始めの巣を駆除
ご紹介したとおり、作り始めの巣には女王蜂しかいません。あとは幼虫です。この幼虫がふ化すると働き蜂となります。この時期、女王蜂はおとなしいので、巣に近づいても威嚇程度で、実際に攻撃してくることはほとんどありません。この時期は、どちらかというと種の保存が目的であり、女王蜂にとって、自身を守り、子孫を育てることがもっとも大切なことなのです。このような理由から、作り始めの巣は比較的容易に取り除くことが可能です。
作り始めの巣の駆除には、殺虫剤(450ml以上のエアゾール)を1本と、防護服、ゴミ袋を用意します。防護服は、厚手の長袖と長ズボンの上に、厚手の合羽と重ねた軍手などで代用可能です。首などは肌が露出しやすいため、このような部分をなくすためにタオルも用意しておきましょう。
駆除は夜間に行います。ただ、作り始めの巣は明るいうちでもそれほどの危険はありません。夜間に行うのは、女王蜂の活性が落ちるからです。
まず、巣に静かに近づいて、女王蜂の存在を確認します。巣の周辺を軽く叩くと、いれば顔を出すはずです。女王蜂がいることを確認したうえで、巣から1~2m程度離れた位置からエアゾールを噴射します。重要なことは、女王蜂が巣の外に出てくるまで殺虫剤を噴射し続けることです。
その後、巣を取り除き、ゴミ袋に入れて処分します。
作りかけの巣を駆除する
作りかけの巣には、羽化した働き蜂が存在しているので、女王蜂だけの巣よりも駆除作業は厄介です。女王蜂が巣作りを始めてから1ヶ月程度すると羽化が始まるため、その後はだんだんと巣作りの役割が働き蜂へとシフトしていきます。働き蜂が増えるごとに、巣もどんどん大きくなっていき、それと同時に、外敵に対し、とても神経質になります。作りかけの巣でも、なるべく働き蜂の少ないうちに対処を始めると、比較的駆除は用意です。
殺虫剤は、作り始めの巣の駆除に使用したものと同じで構いませんが、3本程度用意してください。防護服とゴミ袋については同様です。作りかけの巣の駆除は、完全に夜間の作業になるので懐中電灯を用意しましょう。懐中電灯は、赤いセロファンを貼りつけて使用します。そのまま使用すると蜂が灯りに向かって飛んできてしまうので危険です。
駆除は太陽が沈んでから2時間程度経ってから始めます。働き蜂は昼間に狩りをしに出かけていて、日の沈む前に戻ってきます。働き蜂が巣内にいる状態で作業を始めましょう。
夜間作業なので、巣の位置は明るいうちに確認しておきます。懐中電灯を点けずに殺虫剤を巣に向けて、風上から噴射しましょう。蜂がパニックを起こし飛び回り始めますが、そのまま数分間、継続して殺虫剤を噴射してください。蜂の姿が見えなくなってからも、少しの間、殺虫剤の噴射を続けます。
その後、安全が確認できたら巣を取り除き、ゴミ袋に入れて処分します。
このように、まだ大きくなっていない蜂の巣なら、自力で駆除することも可能です。ただ、巣が作られている場所によっては、業者でないと対応が難しいので、自信がない場合は無理をせずに専門の業者に作業を依頼しましょう。

蜂の巣は駆除したあとも大事

実は、蜂の巣を駆除しても、蜂が同じ場所に戻ってきてしまうことはよくあることです。作り始めの巣で、女王蜂を駆除した場合は、新しい巣が作られる可能性は低くなります。しかし、蜂にとって条件のよい場所だと、ほかの蜂が来て巣作りを始めることもあるので気をつけましょう。自力で蜂の巣を取り除いたら、その作業を無駄にしないために、以下のことが大切です。
巣のあった場所に殺虫剤をかけておく
遠出していた働き蜂がいないとも限らないので、彼らが戻ってこないように、巣のあった場所周辺に殺虫剤をかけておきます。
蜂が戻ってこないような条件を作る
蜂は、雨風が防げ、日当たりのよい、比較的乾燥した場所を好みます。蜂の種類により、好む場所は異なりますが、何度も巣を作られるような場所は、蜂にとって居心地のよい環境といえますので、寄せつけないために対策しましょう。ときどき殺虫剤をかけておくと効果的です。特に女王蜂が巣作りを始める春前に行うとよいでしょう。
蜂たちも子孫を残すために条件のよい場所を探しています。蜂の被害を根本的に防ぐことは難しいとしても、予防的なことは自力でも十分にできると思います。蜂が戻ってこないような環境作りを普段から心がけましょう。
無理せず業者におまかせ
春、女王蜂が巣作りをしていたら、この時点で対処することで、安心して暮らせるようになります。まだ小さいからと放っておくと、夏を迎える頃には手のつけられない大きさになることもあるので、自力で対応可能な、作り始めや作りかけのこの時期に駆除しておきましょう。
ただ、無理は禁物です。女王蜂はおとなしいとはいえ、強力な毒針を持っています。刺されてしまうと腫れや痛みが長引くこともあるので絶対に避けなければなりません。蜂が好みそうな環境を作らない努力をするとともに、不安がある場合は、専門の駆除業者に作業を依頼しましょう。
 
福岡タウンサービス TEL:092-409-0207
FAX:092-231-9508
会社概要はこちら

モバイルサイト

福岡タウンサービススマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら

蜂について

日本には主に、スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチという3種類の人を刺す蜂がいます。その他にも被害は少ないですが、人を刺す可能性のある他も蜂も多く存在しています。
蜂は身近な生物ですが、恐ろしい生き物という印象もあり、実際に毎年死亡者も含めた被害が発生しています。
しかし蜂は、本来防衛本能の強い生き物で、人間の行動を自分たちに対する攻撃と思ってしまうことから攻撃してくるのであり、刺すことが好きだから攻撃してくるわけではありません。また蜂は蜂蜜を作ったり、有害な害虫を食べたりする益虫でもあります。
日本は、世界最大の大きさのオオスズメバチを始めとした蜂の多く生息する国であり、ハチの生態や予防方法について正確な知識を持つことは、大切なことであると言えます。

蜂の生態

蜂には、スズメバチやアシナガバチのように越冬をせずに1年間でその生命を終える種類と、ミツバチのように数年間生きる種類とがあります。また、越冬をしないといっても、女王蜂は越冬します。
越冬をした女王蜂は、春頃から活動を始め、巣作りをして働き蜂を生んで行きます。働き蜂が動けるようになると、巣はさらに大きくなり、オスと次世代の女王蜂を産みます。そして秋頃には働き蜂は死に絶え、新しい女王蜂が越冬します。

社会性を持つ蜂

このように大きな集団を形成し、親が子の面倒を見るだけではなく、集団全体で生きていく種類の昆虫を、社会的昆虫と言います。この仲間には蜂とアリがいます。社会的昆虫は生物的には大きな成功を収めており、陸上の動物の現存量の大きな部分を占めるといわれます。

蜂の益

ミツバチは太古の昔より人間に飼われており、人間は蜂蜜を採取してきました。また蜂は植物を受粉させるのに大きな役割を占めており、世界の作物の1/3を受粉していると言われます。また蜂は作物を荒らす虫などを食べる益虫でもあります。

蜂の害

蜂は社会的昆虫であるため、大きな巣にたくさんの個体が生活しており、その周りを飛び回って近づくものを攻撃してきます。そのため、蜂の害は針に刺されるということと、その大きな蜂の巣が人間の居住地の近くに作られるということになります。

蜂の巣を見かけたときに

蜂の巣はかなり大きなもので、見ると焦ってしまいますが、パニックになると余計危険です。蜂の巣を見つけた時に注意することについて記述します。

蜂を刺激しない

蜂の中でも特に危険なスズメバチは、一匹の蜂を攻撃するとフェロモンを発して他の蜂を呼び寄せ、一斉に攻撃をしてきます。この時実際に攻撃をしていなくても、人間が手で激しく追い払うような動きをしたり、大きな声を出したり、激しく動いたりすると、攻撃だとみなされて、蜂の攻撃を誘発してしまいます

巣に振動を与えない

人間は道具を使う生き物ですので、危険を察知すると本能的に遠距離からの防衛や攻撃をしようと、リーチを取ろうとします。そのため、蜂の巣を見つけると、つい棒で突ついたり石や枝を投げたりしてしまいますが、このようなことは大変危険ですので止めるようにしましょう。おとなしい性格のミツバチでも、巣に振動を与えられると、一気に攻撃をしてくることがあります。

接近しない

こちらに攻撃の意図があるかないかを蜂に理解してもらうことは不可能ですので、そもそも蜂の巣に近づかないことが大切になります。庭の木の手入れの際には、蜂の巣がないか事前によく確認するようにしましょう。去年蜂の巣が作られた場所は、今年の蜂にとっても居心地のよい場所というわけなので、今年も巣を作られる可能性があります。そういった場所を記憶しておき、近づく時は注意と確認をするようにしましょう。

いたずらしない

蜂は蜂同士で殺し合うほど、自分の巣を守るという防衛本能の強い生物です。敵に対しては特殊なフェロモンを撒き散らして仲間を呼び、大勢で攻撃をしてきます。蜂は社会的昆虫と呼ばれ、個体ごとに役割が決まっています。働き蜂はまさに巣を守ることが役割であるため、巣を攻撃してくる者に対しては、容赦なく攻撃をしてきます。
たかが虫と侮り、遠くから棒でつついたり石を投げたりしても物陰に隠れれば大丈夫ではないかと思ってしまいますが、蜂はそれほど甘くはありません。また森の中や未舗装の不整地を人間が走る速度に対して、蜂は空中を人間よりも速い速度で飛んできます。しっかりと準備をして蜂の巣の駆除をするというのならともかく、いたずらで蜂の巣に攻撃を仕掛けることは、大変危険ですので、やめるようにしましょう。

追い払わない

蜂が近寄って来て空中でホバリングしているのは、観察と威嚇のためです。静かにそっと離れるようにしましょう。蜂を手で追い払うような動きは、蜂を刺激するので厳禁です。

黒い服を着ない

ハチは黒いものを攻撃する傾向があります。特にオオスズメバチは濃い色に対して興奮します。そのため、白い服装や白い帽子を身につけることを心がけてください。
一説によると、ハチが黒色に反応する理由は、天敵のクマの色が黒だからと言われています。黒い服や髪の毛、黒い帽子、靴やカメラなどは、注意が必要です。また濃い色に反応するので、黒以外でも赤や青などの濃い色にも反応して寄ってきます。

においを出さない

蜂は化粧品や整髪料やジュースのにおいに対しても敏感です。香水や、においの強いシャンプーや、整髪料などの香料の成分の中には、蜂が興奮する成分が含まれている場合があります。

刺されないための対処

こちらから蜂の巣に近づかない場合でも、人間側の居住範囲に蜂が飛び込んでくる場合があります。そういった時の対処方法について説明をします。

車の運転中に蜂が車内に入ってくることがあります。その時に焦って手で払ったりすると蜂を刺激してしまうのでやらないようにしましょう。車内で蜂が興奮して攻撃を仕掛けてくると、蜂に刺されるだけではなく、ハンドル操作を誤って事故を起こしてしまう危険性があります。
手で払ったりせずこちらから何もしなければ、刺されることはありませんので、まずは落ち着き、車のスピードを落としどこかに停車しましょう。そして窓やドアを開けて、蜂が出て行くのを待ちます。

家の中に蜂が飛び込んで来た時に叩いたり払ったりするとその蜂に襲われる危険性があります。
蜂は明るい方向に向かう習性があります。窓や玄関などの蜂の出入り口を開放し、室内の電気を消して暗くし、蜂が出て行くのを待ちましょう。

巣に近づいた

蜂の巣には近づかないのが原則ですが、知らない間に近づいてしまうことがあります。その時は手で払ったり大きな声を出したりしないようにしましょう。蜂は動くものや黒いものに反応しますので、背を向けず、後ずさりして、距離を取りながら静かにその場から離れましょう。

蜂に刺されてしまったら

慌てない

蜂に刺されてしまったら、まずは身を低くしてその場から離れます。焦って手で振り払ったり駆け出すと、蜂は攻撃フェロモンを撒き散らして周囲の蜂を呼び集中攻撃をしてくることがあります。慌てずにその場からそっと離れてください。

洗う

蜂の毒は水に溶けます。そのため手で血と一緒に毒液を搾り出しながら、水でよく洗い流します。水で洗い流すことにより、毒を薄めるとともに、傷口を冷やして腫れや痛みをやわらげます。
毒を出す時に、口で吸い出してはいけません。口から毒が入ってしまいます。
針が残っている場合はピンセットで抜きます。
毒を取り除く器具としてポイズンリムーバーというものがあります。巣があることが予めわかっている場所に行くときは、準備しておくと良いでしょう。

刺された場所には抗ヒスタミン軟膏を塗ります。その後保冷剤なので冷やした状態にします。 なおアンモニアや尿をかけても効果はありません。かえって腫れがひどくなります。

病院

刺されたのがスズメバチの場合は病院で治療を受けた方が良いです。ミツバチやアシナガバチでも、体にじんましんなどの異変があれば、病院で治療を受けてください。また一度にたくさんの蜂に刺された場合も、速やかに医療機関を受診するようにしましょう。
特に過去に蜂に刺されたことがある場合、アナフィラキシーショックというアレルギー反応が起きる場合があります。これはひどい場合は死に至ることもあります。ひどく腫れたり、じんましん、めまい、吐き気、息苦しいなどの症状が起きた場合は、速やかに病院に治療を受けるようにしましょう。

蜂の駆除について

蜂の駆除は蜂の巣を取り除くことになります。蜂は殺虫剤に弱く、自分で巣を除去することもできますが、今まで見てきた通り蜂は危険性が高く、その危険性を見分けることも専門的な知識を要しますので、蜂の巣の駆除を誰でも簡単に自分で出来るというわけではありません。自分で駆除を行うか業者に依頼した方が良いかは状況によります。ここでは蜂の駆除についての説明をしていきます。

巣作りをさせない

蜂の駆除について自分でできる最良の方法はそもそも蜂に巣を作らせないことです。蜂が巣を作る場所は好みがありますので、過去に蜂に巣を作られた場所は、新しい蜂にとっても格好の営巣場所を意味します。そのため過去に巣を作られた場所に駆除剤を噴射しておくというのが予防方法になります。
また蜂の種類によっては排気ダクトの中などに巣を作ったりしますので、そのような場所をテープやシートや網などで覆うなどの対策が可能です。また庭の木は短く切り込んでおくと良いでしょう。

巣を作られたら業者に駆除を依頼

蜂の巣を作られてしまったら専門駆除業者に依頼をする方が良いです。自分で駆除が可能なレベルと判断をしても、蜂に刺されると最悪の場合死亡してしまいます。
蜂の巣は時間が経つとどんどん大きくなっていってしまいます。蜂の巣を見つけたら専門業者に相談をしてください。

蜂の巣の予防

タイミング

木の皮の隙間などで越冬した女王蜂は、4月から5月に単独で巣作りのできる場所を探し、そこで巣を作ります。これを単独営巣期と言います。この時期は攻撃性が低いため、駆除も狙い目です。この時期に、巣を作られそうな場所に事前に蜂が嫌うスプレーなど吹きかけることで駆除できれば、巣を予防することができます。

場所

蜂の巣の場所の多くは木の上や屋根などの高い場所ですが、種類によっては土の中や低い場所にも巣を作ります。また同じ場所に巣を作ることが多く、特にアシナガバチは毎年同じ場所に巣を作ります。
蜂の種類によっては通気口などに巣を作ります。ここに網を張ることも予防効果があります。ただ高い場所にある通気口に網を張るのは危険を伴いますし、マンションなどの場合は、管理組合などの了解が必要になるかもしれません。

蜂の巣の予防効果のあるもの

単独営巣期に蜂の巣の予防に効果のあるものには、市販の蜂の嫌がる成分が含まれているスプレーが効果的です。即効性があり、スプレーによっては一か月前後の予防効果もあります。
また木材から作られる木酢液も効果的です。蜂は焦げ臭いにおいを嫌がるため、塗るだけで蜂を寄せつけない効果があります。これも簡単に入手できますが、人間にとっても木酢液の臭いは強烈なので、ベランダなどでは使いにくいかもしれません。

蜂の巣の駆除方法

ここではあえて自分で駆除する場合の方法を掲載しますが、蜂の巣ができてしまった場合の駆除方法は業者に依頼する方がよく、また自治体のホームページなどでも情報が載っており補助金のでる自治体もありますし担当課を案内している場合もあります。

時間

働き蜂は日中は巣から離れて餌を集めており、日没後に巣に戻ってきます。そのため日没後2~3時間後に駆除を行います。

服装

基本的には防護服を着用します。 防護服が用意できない場合は、厚手の素材で、なるだけ白いものを身につけ、長袖、長ズボン、軍手、帽子を着用します。皮膚は露出しないようにします。

手順

巣の入り口を確認します。ほとんどの巣の入り口は一つですが、まれに複数ある場合があります。蜂が逃げないよう入り口にテープを貼ったり物を詰めるなどして準備をします。
蜂の巣の近くを薄暗くした状態で、足元を懐中電灯で点滅させて照らしながら、巣にそっと近づきます。
蜂の巣の位置を確認後、薬剤を散布します。蜂は薬剤が体につくとすぐに動きを止めて床に落ちていきます。スズメバチの場合は、表面に蜂がいなくなった場合でも、巣の内部に十分に噴霧します。
このとき途中でやめないように注意します。薬剤が切れて途中で駆除が終わってしまうと危険ですので、薬剤は十分余裕を持つように準備してください。
巣の中の羽音が完全になくなるまで薬剤を注入散布します。中から音がしなくなったら、棒などで巣を外します。ほうきとちりとりで蜂の死骸と蜂の巣の残骸を集めゴミ袋に入れ、袋の中にもう一度殺虫剤を噴霧し、袋を密閉して捨てます。なお死んだ蜂には触れないようにしてください。死んでいても腹部に触れると反射的に針を刺すことがあります。